何かを作ってみたい人へ~いつか同人活動をしたい人向け~

未分類
05 /28 2018
こんにちは。kuroです。

例大祭の熱気も落ち着き、まったりと次回作を考えている今日このごろですが、最近Twitterを見ていて気になるワードを多々見かけます。

「同人活動をしてみたい」
「でもやり方がわからない」
「できるかわからない」
「0から作り始めるのは難しい」

もったいない!
その心意気はもうスタートラインに立っているのですよ!
さぁ作りましょう!!!

…と言っても、本当に何から始めればいいのかと迷うのはわかります。
そこで、今日は「0から1を作るにはどうしたらよいか」をアドバイスしたいと思います。

これは漫画のシナリオでも、自分の場合はオリジナルボードゲームのルールでも同じことが言えるのですが、「今までにないものを作る」というのは至極真当、当然ながら難しいものです。
ではそれを可能にするものは何か?

自分は答えは一つだと思っています。
ズバリ「他の良い作品にたくさん触れること!」
要は遊びまくれ!ってことです!

ぶっちゃけ、0から1を作るなんてできるのは本当の天才だけですよ。
俺だってそんなことはできない。
だけど、いろんな作品のいい所を分析し、「これはこういう所がいいから面白いんだ」と自分なりに解釈することで「つまりこういう風にすると面白いんだ」というのがだんだんとつかめていくわけですね。

具体的に言うと、「主人公が覚醒して無双する展開」とか、「普段表情が豊かでない女の子が恥ずかしがる」とか、そういう琴線に触れる瞬間を覚えておくことで、そういう展開の作品を作れるようになっていくわけです。(これらの例はkuroの主観ですが…w)

今回の幻想インディアンポーカーは実はいろんなゲームを元ネタとして借りています。
「インディアンポーカー」、「コヨーテ」、「ちるのい」、「遊戯王」など…の面白い所を一部ずつ引用し、それらを組み合わせ自分のオリジナル要素を追加し、ゲームバランスを調整しテストプレイを重ねた結果が今回のゲームだったわけですね。

これは、いろんなゲームをやっているからこそ思いついたゲームでもあります。
なので、ボードゲームに限らず、何かを作りたい人はたくさんの作品に触れまくって、楽しみまくることがコツなんじゃないでしょうか!!

そしてその作品に触れた時、「何がどうして面白かったのか」を自分なりにぜひ考えてみてください。その答えが、面白い作品を作る秘訣だと思います!

さて、筆が乗ってきました。次回はこれらを踏まえて、「面白い」だけでなく「人気の出る」作品を作るために考えたマーケティング方法について解説したいと思います。
専門用語も少し交えて真面目なマーケティングの技法を紹介できたらなーと思いますが、
いかんせん自分のマネジメント能力はすべて独学のため、荒い部分もあるかもしれません。

ではまた次回ー!

コメント

非公開コメント